トータルヒーリング・ひかりの木

トータルヒーリング・ひかりの木

大阪京橋にある”よわもみボディケア”と、心・身体・エネルギーの施術とカウンセリングの予約制サロン。もみほぐし以外は電話による施術・カウンセリングも行っています。

img 1502

高次からの最初の学び

まるまるハッピーさまです。今日は冷えるようで布団から猫が出てきません^^


スピリチュアルな学びを続けてきて、チャネリング講座や除霊講座など受講し、先生にはきちんとできていますと言われて受講修了しましたが、エネルギーのことはわからないまま。
知っていることと言えば、アセンデットマスターや大天使と呼ばれる存在がいるくらいでした。
気の向くまま風の吹くまま流されて、とあるところで次元があることやダークサイドと呼ばれるエネルギーや存在があることを知りました。

その言葉の意味はわかってもそもそもエネルギーがわからない。違いもわからない私は???のままでしたが、その頃から高次から最初のレッスンが始まりました。


最初は心に言葉が届く感じから始まり、色、音、エネルギーの模様、映像、見たこともない文字や体感を持って届けられるようになりました。
そこで伝えられていることは一貫して同じでした。


少しブログにも書きましたが、私は物事に優劣をつけるところがありました。批判癖でもあります。
この意識を変えていくために、次元やダークサイドという言葉やエネルギーだけを見るのではなく、すべてを俯瞰して全体を見て知ること。
このレッスンが始まりました。



その頃の私は、高次元の存在からのメッセージだと自尊心が満たされ、例えば、8次元の存在からのメッセージだと話し半分にしか聞かないという状態でした。
高次の存在にも優劣や上下関係を作り、自尊心や承認欲求を満たす存在からのメッセージだけを求めていたのです。
そして自分の心や霊性を知りもせず、高みを目指していました^^;


優劣をつけないようにするために・・・だと思います。
すべてのエネルギーの次元を一切伝えられませんでした。

また自我が入ったエネルギー、コントロールしようとするエネルギーなどあらゆるエネルギーを理解するために、体感を持って感じ取るレッスンも始まりました。


次元は伝えられませんでしたが、メシエ天体番号でエネルギーを伝えられることがありました。
今もメシエ天体のことを言われてもよくわからないのですが、「とりあえずちょっとくらい勉強しておくか!」と思って図鑑を購入しました^^


その頃に比べると優劣をつけることは減ったとは思いますが、まだあるのでしょうね・・・
いまだ次元は伝えてもらえず、ひたすらエネルギーとは?の学びが続いています。

今まで伝えてもらった「エネルギーとは?」
これについてボチボチと書いていきたいと思います。